【初心者入門用】TENGAの違いってなに?おすすめのTENGAまとめ

穴 アダルト

オナホとして一級品のブランドイメージを築き上げたTENGA(テンガ)。

これを読んでいる皆さんはもう体験しましたか?

  • まだ体験していない
  • これからデビューするつもりだった
  • あまり興味がなかった
  • 興味があったけどどれがおすすめなのか人には聞きづらい

という方に向けて、おすすめのTENGAをピックアップして紹介します!

TENG(テンガ)各商品の特徴

まず、今回の解説を読んでいただく前に、簡単にTENGA(テンガ)各商品の特徴について紹介します。

オナホ用のTENGAは、大きく4種類に分けられます。

  • TENGA CUP(テンガ カップ)シリーズ
  • TENGA EGG(テンガ エッグ)シリーズ
  • POCKET TENGA(ポケット テンガ)シリーズ
  • TENGA HOLE(テンガ ホール)シリーズ

このうち、TENGA HOLEシリーズ以外は衛生上の問題から、全て1回使い切りの商品です。
TENGA公式サイトのFAQにも『衛生上の理由から繰り返し使用することはおすすめできない』と注意書きがあります。

男性器は人体の中でもとてもデリケートなパーツなので、なるべく大事にしましょう……

TENGA HOLEシリーズを中心として、洗えば繰り返し使えるTENGAもあります。繰り返し使いたい方はTENGA HOLEシリーズがおすすめです!

TENGA CUP (テンガ カップ)シリーズ

TENGAとしては一番スタンダードなタイプ。

1回使い切りなので、とりあえずTENGAの気持ちよさを実感してみたいという人にうってつけ。
ディープスロートの名前の通り、喉の奥深くから吸引されるような締めつけとフェラの快感を味わうことができます。

TENGA CUP(テンガ カップ)は開封時点でローションが内部に充填されているので、別売りのローションを用意しなくても大丈夫です!

カップシリーズには3種類ありまして、

  • スタンダードの赤
  • ソフトの白
  • ハードの黒

といったように色ごとに性能も別れています。
ただの色違いではなく、性能が割と別物レベルで分かれているので、買い間違いに気を付けましょう!


TENGA公式が配信している動画で各部のビジュアルを確認できます!

DEEP THROAT CUP STANDARD(ディープスロートカップ スタンダード)

TENGA CUP 赤

出典:https://store.tenga.co.jp/

TENGAといえばこの赤と銀のボーダーのデザインを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

後述の白と黒は、この赤の性能を基本にして、それぞれ柔らかさや刺激を調整した商品になっています。TENGAデビューにはこのDEEP THROAT CUP STANDARD(ディープスロートカップ スタンダード)がおすすめです。

TENGAデビューにうってつけだからといって「赤TENGA=TENGA童貞の証」みたいな空気はありませんので安心してください!質感が気に入って赤TENGAを使っている人は沢山いますよ

一番メジャーなTENGAなので、割と店で見つけやすいかもしれません。周りが田んぼだらけの相当田舎な実家近くのドラッグストアに立ち寄ったときもこれが置いてあったので、本当の意味で色んな店に置いてあるといっていいかもしれません。

DEEP THROAT CUP SOFT(ディープスロートカップ ソフト)

TENGA CUP 白

出典:https://store.tenga.co.jp/

カップシリーズの白いTENGAです。

赤のスタンダードタイプより質感が全体的に柔らかくなっていて、ねっとりと絡みつきながら優しくとろけるように吸いつきます。

スタンダードタイプのバキューム感と絡みつきはそのまま残し、締めつけや刺激を柔らかくしたものというイメージが的確です。

個人的にはカップシリーズの中では一番質感がリアルだと思っているので、テンガカップの中では特におすすめです!

初めての人やTENGA初心者の人は、ソフトかスタンダードからお好みで選んで始めてみましょう。

DEEP THROAT CUP HARD(ディープスロートカップ ハード)

TENGA CUP 黒

出典:https://store.tenga.co.jp/

スタンダードやソフトでは刺激が足りないという上級者向けの、黒いカップシリーズのTENGAです。

ハードタイプにのみ「ムービングフレーム」という特殊なパーツが根元部分に搭載されており、サイズや動きに合わせてこのフレームも動く仕組みになっています。

スタンダードやソフトよりかなり締めつけがきつく、気持ちいいのですがTENGAデビュー向きではないです。

人によっては「TENGA HOLE」よりきつさが上だと感じることも。

TENGA EGG(テンガ エッグ)シリーズ

TENGA EGG

出典:https://store.tenga.co.jp/

テンガカップシリーズと比べるととてもコンパクトなデザインのTENGA EGGシリーズ

その見た目から『オナタマゴ』とも呼ばれます。

本当にタマゴくらいの大きさしかないので精々亀頭しか入らないだろと思われがちですが、ぷるんとしたスライムのようなゲル素材が餅のように伸びるので、しっかり根元まで包むことができます

500ml程度のペットボトルならすっぽり収まるので、よほど巨根じゃない限りほとんどの男性は使えるはず!

EGGシリーズだけで全18種類とバリエーションも豊富。12種類のスタンダードタイプと6種類のハードゲルタイプで素材の硬度や内部の凹凸(ディテール)が異なり、それぞれがオンリーワンの快感を引き出してくれます。

CUPと同じく1回使い切りタイプの商品です。
様々なテンガエッグを試していけば、自分に合ったTENGA EGGを見つけられるかも?

POCKET TENGA(ポケット テンガ)シリーズ

TENGA POCKET

出典:https://store.tenga.co.jp/

1回使い切りタイプで、持ち運びやすい薄型のTENGA。ポケットサイズなのにどんなサイズにもフィットするので、サイズが合わない心配はありません。

ハマるのは亀頭だけなんてセコいことはしません。ちゃんと根元まで被せられますよ!

付属のローションを入れればすぐに使えるので、時間もかかりません。

TENGA HOLE(テンガ ホール)シリーズ

ある程度TENGAの魅力が馴染んできたらHOLEシリーズに移行することをおすすめします。

水で洗えば50回まで使えるTENGAなので、繰り返し使える分コスパが他のテンガより優れているんです。

また、単純な気持ちよさ・バキューム感においてもCUPシリーズよりHOLEシリーズの方が上です。

TENGA FLIP HOLE(テンガ フリップ ホール)

TENGA FLIP HOLE 白

出典:https://store.tenga.co.jp/

TENGA FLIP HOLE 黒

出典:https://store.tenga.co.jp/

ここまで挙げた全てのTENGAの中で一番おすすめなのが、このTENGA FLIP HOLE

価格が8,500円程度とかなり高く感じてしまいますが、値段の元は十分取れるほどTENGA FLIP HOLEの完成度は高いです!

特徴的なのはその挿入感と気持ちよさ。

まるで本物の女性器に挿入しているかのような感触の挿入感は予想以上にリアルでしたよ。

TENGAの使用感をレビューしているサイトは数多く存在しますが、大体このTENGA FLIP HOLEがイチオシされてますね。

  • 美少女のリアルな女性器感を味わえるのが白
  • 白よりさらに締めつけと刺激が強いのが黒

と覚えておきましょう。

FLIP HOLE 白の締めつけや刺激も他のTENGAより優れているので、FLIP HOLEのデビューには白がおすすめです。

FLIP HOLE 白の刺激が物足りなくなったときに、さらに刺激が強い黒に挑戦する男性が多いです。

【番外編】TENGA SVR(テンガ エスブイアール)

TENGA SVR

出典:https://store.tenga.co.jp/

オナホではありませんが、TENGAが開発・販売しているUSB充電式のバイブがTENGA SVRもおすすめなのでご紹介します。

機能やデザイン的には、『スティックローター・バイブ機能搭載のコックリング』という方が近いかもしれません。

60分で充電が満タンになり、60分間使用できます。防水機能付きなのでお風呂やシャワー中での使用もバッチリ。

挿入時、リングの部分に陰茎の根元を装着してふたりで刺激を分かち合うのもいいですし、棒部分を膣に挿してローターとして使ってもいいですね。

このとき、ローター部分が上にくるように装着すれば、振動がうまくクリに伝わるのでおすすめです!

安物の電池式ローターと違ってすぐ振動力が萎えたりしませんし、音も静かで気にならないと思います。

まとめ 一番おすすめのTENGAはフリップホール(白)!

いかがでしたか?

TENGAの中で一番おすすめはフリップホールの白です。

カップシリーズも悪くはありませんが、

  • 洗って繰り返し使えるコスパの良さ
  • 本物の女性器に挿入しているかのような感覚
  • やわらかながら緩くない、丁度よすぎる締めつけと刺激感

フリップホールにはこのようなメリットが沢山あるため、ぶっちゃけフリップホールをあえて使わない理由がありません!

ぜひ一度あなたもテンガのフリップホールを試してみてください。