【大学生向け】学生がインターンシップに参加するメリットをまとめてみた

仕事中の女性 大学生

近年の就活生のインターンシップに対する意欲は高まっており、マイナビのアンケート調査によると19年卒のインターン応募率は9割、参加率は約8割を記録しています。

これは1日で終わる1日型インターンシップを利用して、短期間で終わるという短期インターンシップの特性を生かし、ひとりの学生が多くの企業のインターンシップを経験して回っているということを表しています。

つまり、100社に1人ずつ体験入社できるインターンに100人分の学生の応募があっても、ひとりの学生が10社分20社分のインターンをどんどん体験しており、必ず100人の学生がどこかしらの会社のインターンを体験できているというわけではないということです。

将来の就職先を現在のバイト先にするつもりでなければ、このようなインターンの利用方法は非常に有意義だと思います。

しかし、日本経済新聞の調査によると、インターンシップというものは名前だけで、事実上の説明会だけで終わってしまう企業もあったようです。

一般的に、実際の業務に関わる就業体験ができるタイプの学生向けインターンシップは、1ヶ月程度の期間を想定した『長期インターンシップ』になります。

実際に仕事ができる貴重な体験ができるだけあってこの長期インターンシップを希望する大学生は多く、インターン参加を希望する理由をまとめたエントリーシートの提出や面接など、実際の就職活動顔負けの選考が行われることが多いです。

インターンシップってホントに皆行ってるの?正直バイトでよくない?

いえいえ。そんなこともありません。

確かに「企業に所属して賃金が発生する労働を行う」という意味では同じですし、学生時代にバイトを通して「働く」ことがどういうことなのかを学ぶのも貴重な体験です。

むしろ「バイトの方が手を出しやすいので働きたいならバイトでいい」という考え方もあります。なのでわざわざインターンシップに参加する有用性も分からないですよね。

長期インターンとバイトの違いは、企業の目的の違いにあるんです。

アルバイトは「すぐに働ける人手がほしい!」という企業が即戦力を求めて人を募集することが多いです。

そのため、任せられる仕事の範囲は限定的になりがちです。
この点については、仕事や責任の範囲は狭いので負担が少ないというメリットもあります。

アルバイトの求人の一番の特徴は「求人は学生にこだわらない」という点です。

仕事ができればそんなに若くなくても構わないという企業も多いので、仕事を覚えて労働力を提供してくれるなら誰でもいいというような替えの利く仕事になることが多いです。

一方長期インターンシップは、

  • 「アピールの機会を増やし、より優秀な学生を選抜したい」
  • 「自社にマッチする学生を発掘する機会を増やしたい」

というように企業側が人材獲得と長期的な育成を狙って募集していることが多いです。

長期インターンシップに参加してくれる新卒の学生により企業の知名度とイメージが上がれば、選考に参加する学生を増やし、優秀な学生と出会えるチャンスが増えますからね。

さらに、ここ数年は学生側が企業を選び放題である超売り手市場が続いています。

企業側も競合他社に優秀な人材を取られまいと、早い段階からの学生へのアプローチを試行錯誤しているんですね。

大学生がインターンシップに参加するメリット

学生のうちにインターンシップに参加して、企業に所属し社会の一員として「仕事」というものを学ぶ体験は貴重です。
具体的に、長期インターンシップに参加する大学生側はどのようなメリットを得られるのか、いくつか紹介していきます。

インターンシップのメリット1:実際の社風が分かる

前回の記事にも少し書きましたが、インターンでは実際に企業のオフィスで働くことができる場合がほとんどです。

インターネットや書籍、大学の相談窓口からの情報だけでは分からない、その職場の生の雰囲気を自分で体感することができます。

新卒で入社した社員が3年以内に早期離職してしまう理由はなぜなのかご存知ですか?

アデコが新卒入社3年以内に離職をした20代の男女を対象に行ったアンケート調査によると、

  • 自身の希望と業務内容のミスマッチ
  • 待遇や福利厚生に対する不満
  • 自分が望むキャリア形成が達成できない

といった理由がトップ3となっていますね。

企業からの説明が入社前と入社後で食い違っているということは、残念ながら毎年一定数の企業で起こっています。

ブラック企業だからといって必ず説明の食い違いが起こるわけでもありませんし、待遇面でホワイト企業だと思っていても、仕事内容やキャリアパスのミスマッチが分かると一気に入社した会社の魅力が分からなくなってしまうということが起こります。

しかも厄介なことに、いくら大学生側が気を付けていても、企業は学生ひとりの人生にそれほど責任感を持ってくれないので、いくら学生が事前に説明を求めても、企業は都合の悪いことを話したがりません。

なので、正面から確認しようとしても、人事担当の社員には適当にはぐらかされて終わってしまうことがほとんどです。
実際私も面接中に質問したら、ニコニコしながら「まあそう言うだろうな~」という毒にも薬にもならない回答しか返ってきませんでした!

そのため、完全にミスマッチを防ぐ方法は残念ながらほぼありません。誰にでも起こり得ます。
入社後数か月から数年程経過してからミスマッチが起こるというケースもあります。

過去30年の間、新卒として入社した大卒社員のうち、全体の3割が

  • 「実は自分のやりたい仕事と違った」
  • 「働いてみて初めて自分が望む働き方が分かった」

という理由で会社を去っていく状況が続いています。

また、トップ3ほど割合としては多くありませんが、

  • 上司や同僚との人間関係によるストレス
  • 自身の性格と職場の風土のミスマッチ

このような人間関係のトラブルによる退職も非常に多いです。

人間関係のトラブルは、新卒社員の早期離職理由だけではなく、30代や40代といった世代の退職理由の常連でもあります。

実際に働いてみて、自分がその職場の人々と一緒に働いていけるかという疑問も、インターンでしっかり確認しやすい点もメリットのひとつです。

インターンシップは、仕事内容や人間関係のミスマッチによる早期離職の可能性を少しでも低くするために、実際に職場で働いてみることで「自分が本当にやりたい仕事は何なのか」を再確認する大切なチャンスでもあります。

ただし、『短期インターンシップ』の場合は、

  • 実際には企業説明会や軽いガイダンスで終わってしまうということも多い
  • 長期インターンよりも企業の人間と触れ合う機会が短くあっさりとしたものになりがち
  • 職場の空気や実際の仕事内容を深く知りづらい

という特徴もあるので注意しましょう。

インターンシップのメリット2:志望動機・自己PRの強力なネタになる

面接やESなどで志望動機のアピールや自己PRを行う際、「何も書くネタがない」と悩んでしまったことは、就活を経験した人ならほとんど経験しているでしょう。

内定を沢山もらっているあなたの知り合いやお友達も、就活に不慣れだった頃やコツを掴むまでは自分の経験をどのようにまとめてアピールするか苦悩していたはず。

  • 「バイトやサークルなんてありきたりな経験を書いても他の学生に埋もれてしまうのではないか……」
  • 「アピールとしては弱いのではないか……」

そんな不安も、インターンに参加すれば解消されるかもしれません。

志望動機や自己PRに自信が持てないのは「自分の経験がその会社が求めるものにマッチしているかどうか分からないから」ではありませんか?

インターンシップに参加するということは、自分が入社を希望する企業で、企業の理念や社風をその身で実感しながら就業を体験することです。

つまり、

  • 企業が具体的にどういう人間を欲しがっているのか
  • この企業にマッチする人間はどのような感じか
  • 今後どのような戦略をもって人材を強化していくのか

このような、外側からは見えづらい企業側の本音を直接社内に潜り込んで確認することができるということなんですね。

インターンで自分が「その企業にマッチする!」という確信を持つことができれば、志望動機や自己PRへの自信にも繋がります。

何より一度実際にそこの企業で働いているわけですから、地に足の着いた一貫性のある志望動機や自己PRを作りやすくなるというわけです!

インターンシップに参加するメリット まとめ

志望動機や自己PRのネタを作りたいなら長期インターンシップをおすすめします!

採用の選考に進んでも進まなくても、「職場が自分にマッチするかどうか」を判断するにはまたとない機会ですので、ぜひ検討してみてください。

この記事を書いた人
Real Boys

『Real Boys』は、男性が抱える『リアルな悩み』を解決するためのメディアです。主に20代前半~30代の大学生やビジネスマンを対象に、就職、ライフスタイル、SEX、風俗、恋愛ハウツーなど、大人だからこそ相談しづらいリアルでデリケートな悩みを解決します。

Real Boysをフォローする
大学生
\シェアする/
Real Boysをフォローする
Real Boys